https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%a6%82%e5%bf%b5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86/
https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%a6%82%e5%bf%b5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86/

Photoshopのレイヤーの概念について理解しよう

レッスン
Note

レイヤーとは

ピクセル画像を扱うPhotoshopでは、レイヤーという「編集単位」を重ねることで、一つの画像を作成していきます。この動画のサンプルは4枚のレイヤーで構成されていますが、実際の作業では100枚を超えることもあります。

レイヤーには、表示 / 非表示、不透明度、描画モードなどを設定でき、重なりを変更することも可能です。

レイヤーパネル

レイヤーパネルとは、レイヤーを操作する部分のことです。下の画像はこの画像のレイヤーパネルです。4つのレイヤーがあり、文字を入力したテキストレイヤー「Hello Photoshop」が一番上にあり、その下にリンゴのレイヤーがあります。

Photoshopの操作はこの「レイヤーパネル」で行います。

レイヤーパネルの表示の仕方

レイヤーパネルが表示されていない場合は、「ウィンドウ」メニュー → 「レイヤー」を選んで表示します。

Photoshopのレイヤーの概念図

資料

INSTRUCTOR