https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%80%8ccamera-raw%e3%80%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%b3/
https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%80%8ccamera-raw%e3%80%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%b3/

Photoshopの「Camera Raw」フィルターを使用して、カメラのレンズフィルターの効果を適用してみよう

レッスン
Note

Rawデータの現像ソフトとしてCamera Rawは多くの人に使われています。

Camera Rawにも色調補正に関する機能が多く備わっており、PhotoshopからでもCamera Rawの機能をフィルターとして適用できます。

[Camera Raw]調整レイヤーでカメラのレンズフィルター効果を適用する

Step 1
サンプルファイルを開く
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/01-15.png
サンプルファイルを開きます。
Step 2
画像のレイヤーをスマートオブジェクトに変更
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/02-15.png
この機能はスマートオブジェクトを利用しないと非破壊編集作業ではなくなり、元に戻せないので、スマートオブジェクトを適用します。
レイヤーを選択して「右クリック」でメニューを開いて「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。
Step 3
Camera Rawフィルター
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/01-15.png
[フィルター] → [Camera Rawフィルター] → を選択します。
Step 4
反映結果
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/03-14.png
Camera Rawで編集しているのと同じ用に画像にフィルターを適用できます。今回は分かりやすく、プロファイルをモノクロに変更してみました。

資料

INSTRUCTOR