https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8d%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a1/
https://idea-hack.com/lessons/photoshop%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%8d%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a1/

Photoshopの「レンズフィルター」機能を使用して、カメラのレンズフィルターの効果を適用してみよう

レッスン
Note

[レンズフィルター]調整レイヤーで色かぶりを改善する

[レンズフィルター]調整レイヤーでカメラのフィルター効果を適用する方法[レンズフィルター]調整レイヤーでカメラのフィルター効果を適用する方法を紹介します。
Step 1
サンプルファイルを開く
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/01-11.png
サンプルファイルを開きます。
Step 2
調整レイヤーの選択
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/02-11.png
レイヤーパネルで[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[レンズフィルター]を選択します
Step 3
属性パネルを編集
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/02-11.png
属性パネルを開き、フィルターの種類を選択します。ここでは「フィルター暖色系(85)を選択します。
選択したフィルターに対して「適用量」で適用量を設定します。
今回は適応量を60%に指定しました。
Step 4
属性パネルを編集
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/03-10.png
属性パネルを開き、フィルターの種類を選択します。ここでは「フィルター暖色系(85)を選択します。
選択したフィルターに対して「適用量」で適用量を設定します。
今回は適応量を60%に指定しました。
Step 5
反映結果
https://idea-hack.com/wp-content/uploads/2019/11/04-9.png
画像全体に暖色系の色が追加されました。
カメラに使い慣れている人はレンズフィルターは便利な機能だと思います。

資料

INSTRUCTOR