Photoshopで「パスから選択範囲を作成する」方法について理解しよう

レッスン
素材

「パスを選択範囲として読み込む」とは

ペンツールや図形ツールで作成したパスから、選択範囲を作成できます。Illustratorから持ってきたオブジェクトを選択したりする場合に便利です。

「パスを選択範囲として読み込む」の使い方

Photoshopで「パスから選択範囲を作成する」方法について紹介しています。

Step 1
サンプルファイルを開きます

サンプルファイルを開きます。今回は「紙」に対してペンツールでパスを作成します。

Step 2
ペンツールでパスを作成

ペンツールを選択してください。ペンツールを使ってパスを作成します。

Step 3
選択範囲の作成が完了

選択した部分です。
(画像だとわかりづらい点はすいません。)

Step 4
パスのウィンドウを開く

パスパネルを確認します。見当たらない場合は「ウィンドウ」→「パス」で表示させることができます。

パスパネルに「作業用パス」ができているのを確認します。見当たらない場合は「ウィンドウ」→「パス」で表示させることができます。

Step 6
作業用パスから選択範囲を作成

「作業用パス」を選択した状態でアイコンをクリックしてください。

これで、作成したパスを元にした選択範囲が作成されます。

Step 7
選択範囲の作成が完了

選択範囲が作成されました。

Step 8
サンプルファイルを開きます

選択範囲ができたら、レイヤーマスク機能を使って、選択した部分だけ表示したり出来ます。

インストラクター
コメント

コメントを残す