Photoshopの[遠近法ワープ]コマンドを利用して、画面の面に合わせて画像を変形する方法

レッスン
素材

Photoshopの[遠近法ワープ]コマンドを利用して、画面の面に合わせて画像を変形する

Photoshopの[遠近法ワープ]コマンドを利用して、画面の面に合わせて画像を変形する方法を紹介しています。

Step 1
サンプルファイルを開く

サンプルファイルを開きます。
サンプルファイルでは、予めレイヤーマスクでスプーンの部分だけ表示する様にしています。
また、スマートオブジェクトに変換しています。

Step 2
遠近法ワープを選択

[編集] メニュー → [遠近法ワープ] を選択します。

Step 3
変形クアッドの作成

表示される手順1に従って、2面以上の平面を選択してください。

Step 4
2つ以上の変形クアッドの接続

2つの平面の中で1つの辺が共通されるように接続します。

Step 5
ワープモードを選択

オプションバーで[ワープ]を選択して、ワープモードに変更します。

Step 6
遠近法を操作

手順2を読んで、遠近を調整します。この時、急激な変化をつけると、画像がゆがむので注意してください。

Step 7
確定させる

編集が完了した後、ツールバー部分の「〇」ボタンを押して編集を確定させます。

Step 8
反映結果

結果が反映されました。
今回は、画像の左側の遠近の傾きを強くしました。

Step 9
トリミング

このツールは、適用すると画像がゆがむので、トリミングツールを使う必要があります。

インストラクター
コメント

コメントを残す