Photoshopの[パペットワープ]を使って画像を複雑な形状に変形する方法

レッスン
素材

Photoshopの[パペットワープ]を使って画像を複雑な形状に変形する

Photoshopの[パペットワープ]を使って画像を複雑な形状に変形する方法を紹介しています。

Step 1
サンプルファイルを開く

サンプルファイルを開きます。
サンプルファイルでは、予めレイヤーマスクでスプーンの部分だけ表示する様にしています。
また、スマートオブジェクトに変換しています。

Step 2
パペットワープツールを選択

[編集] メニュー → [パペットワープ] を選択します。
画像にメッシュが表示されます。

Step 3
パペットワープ編集ツールが起動

[編集] メニュー → [パペットワープ] を選択します。
画像にメッシュが表示されます。

Step 4
調整ピンを設置

調整ピンを追加します。
調整ピンは、変形時に移動したくない場所に追加します。
2か所以上追加する必要があります。

Step 5
回転軸となる調整ピンを選択

回転軸となる調整ピンを選択します。
画像の通り「青色」のマーカーがあります。
その部分が、現在回転軸となっている調整ピンです。

Step 6
Altキーを押しながら回転

Altキーを押している間、回転軸アイコンが表示されますので、回転させると、その部分を軸に画像が曲がります。

Step 7
確定させる

編集が完了した後、ツールバー部分の「〇」ボタンを押して編集を確定させます。

Step 8
反映結果

編集が完了し、スプーン曲げが行われた後の様な画像になりました。

Step 9
レイヤーパネルを確認

レイヤーパネルを確認します。
スマートオブジェクトに変換してあったため、スマートフィルターの下にパペットワープが追加されています。

インストラクター
コメント

コメントを残す