https://idea-hack.com/courses/understand-photoshop-layers-and-artboards/lessons/understand-the-difference-between-fill-and-opacity-in-the-photoshop-layers-panel/
https://idea-hack.com/courses/understand-photoshop-layers-and-artboards/lessons/understand-the-difference-between-fill-and-opacity-in-the-photoshop-layers-panel/

Photoshopのレイヤーパネルの「塗り」と「不透明度」の違いを理解しよう

レッスン
素材

不透明度の使い方

この画像の透明度を下げると、背景の画像が映るようになります。

ここでは50%に下げてみました。すると、背景の画像が表示されました。

この画像の透明度を下げると、背景の画像が映るようになります。

塗りの使い方

塗りの設定前の画像です。

透明度の設定パネルはレイヤーパネルの右上にあります。

塗りを40%に変更しました。

塗りと不透明度の違い

塗りと不透明度の違いは画像に効果を適用してみればわかります。

  • 不透明度の効果範囲は「そのレイヤー全体」
  • 塗りの効果範囲は「ピクセル部分」のみ(ドロップシャドウなどの「効果」は影響を受けない。

次の画像を比較してみてください。

このように、リンゴの部分の輪郭の違いに注目すると、両者の違いをよく理解できるかと思います。

インストラクター
コメント

コメントを残す