https://idea-hack.com/courses/three-processing-techniques-to-use-the-metal-design-in-photoshop/lessons/__trashed-3__trashed/
https://idea-hack.com/courses/three-processing-techniques-to-use-the-metal-design-in-photoshop/lessons/__trashed-3__trashed/

Photoshopでシルバーの光沢を作る方法

Photoshopでシルバーの光沢を作る方法の例として、シルバーの光沢を使った鏡面加工の方法を紹介します。

背景となる画像を用意し、その上にシルバーの光沢を使って鏡面加工を施したテキストレイヤーを追加します。

今回作る画像
Step 1
サンプルファイルを開く
素材[lesson.psd]を開きます。[background]レイヤーの上に[Room]レイヤーがあります。
Step 2
部屋の画像に歪みを入れる
レイヤー[Room]を選択し、[フィルター] → [変形] → [波形]を選択します。設定値は画像を参照してください。
Step 3
歪みの出来を確認
レイヤー[Room]の状態を確認しましょう。歪みが適用されているのがわかると思います。
Step 4
テキストレイヤーを作成
レイヤー[Room]は一旦非表示にします。[横書き文字ツール]を選択し、鏡のベースになるような太めのフォントを選びます。
今回はAdobe Typekitに収録されている[HWT Mardell]フォントを選びます。[テキストカラー: #bababa]として、「MIRROR」と入力し、[塗り:10%]としました。
Step 5
ベベルとエンボスを設定
[レイヤースタイル]を開き、[ベベルとエンボス]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
Step 6
輪郭を設定
[レイヤースタイル]を開き、[輪郭]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
Step 7
シャドウ(内側)を設定
[レイヤースタイル]を開き、[シャドウ(内側)]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
Step 8
光彩(内側)を設定
[レイヤースタイル]を開き、[シャドウ(内側)]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
Step 9
立体感の反映を確認
[レイヤースタイル]の反映を確認しましょう。ここまでの設定でテキストに立体感が施されています。ここで、一旦レイヤー[background]を非表示にします。(以降の作業の反映を確認しづらいためです。)
Step 10
グラデーションオーバーレイを設定
[レイヤースタイル]を開き、[グラデーションオーバーレイ]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
使用したカラーは[#202020][#5a5a5a][#ffffff][#bebebe][#787878][#2d2d2d]などですが、ここはお好きな値を選んでください。緩やかな赤えるいグラデーションから急に暗い色に変わるような効果を意識しました。
Step 11
ドロップシャドウを設定
[レイヤースタイル]を開き、[ドロップシャドウ]の設定を行います。設定値は画像を参照してください。
Step 12
シルバー光沢の反映を確認
[レイヤースタイル]の反映を確認しましょう。ここまでの設定でテキストにシルバーの光沢が施されています。
Step 13
レイヤーマスクを追加
テキストレイヤー[MIRROR]のサムネイルを[⌘(Ctrl)キー + クリック]し、選択範囲を作成します。
非表示にしていたレイヤー[部屋]を表示し、選択します。
レイヤーパネルから[レイターマスクを追加]をクリックして、レイヤー[部屋]にマスクします。
Step 14
最終結果
これで完成です。また、[レイヤーマスクのレイヤーへのリンク(鎖マーク)]を外すことで、レイヤー[部屋]を自由に動かすことが出来ますので、マスクしたテキスト領域内に表示する部分を自由に調整してみてください。
インストラクター