Photoshopでパッチツールを使って画像の一部を削除する方法

Photoshopでパッチツールを使って画像の一部を削除する方法

画像の一部を、周囲と同じ様に塗り潰して消去するにはパッチツールを使います。

[ソース]を選択することで「選択先のデータを元に、選択元のデータを加工」します。

[複製先]を選択することで、「選択元のデータを元に、選択先のデータを加工」します。

パッチツールは離れた場所のデータを参考に塗り潰しを行いたい場合に大変便利な機能です。

単純に周囲のデータを元に塗り潰しを行いたい時はパッチツールで行う方法もありますが、スポット修復ブラシツールを使う方法もあります。

Step 1
元データを開く
元データです。
元データです。

元データを開きます。今回はビーチび浮かぶ浮き輪を削除します。
*浮き輪さえなければとっても良い風景ですが、浮き輪がダサすぎますね・・・

Step 2
パッチツールを選択
パッチツールを選択します。
パッチツールを選択します。

サンプルファイルを開きます。パッチツールを選択し、オプションバーで[パッチ]を[通常]に設定し、[ソース]を選択します。
ドラッグして消去したい部分を選択します。
*[パッチ]を[コンテンツに応じる]にした場合は、ドラッグ先のデータと選択範囲の周囲のデータが共に参照されて選択範囲が塗り潰されます。
スポット修復ブラシツールでも同じことが可能ですが、塗り潰しの際に参照するデータはパッチツールの方が多いです。

Step 3
選択範囲を作成
選択範囲を作成します。
選択範囲を作成します。

ドラッグして消去したい部分を選択します。

Step 4
塗り潰し

選択した箇所を、画像の塗り潰したい部分にドラッグすると、画像が挿し変わります。
今回は[ソース]を選択した状態で作業を行いました。
しかし、大概の場合は一度ではうまくいきません

Step 5
反映結果

何度も挑戦して、自分の好みの状態を実現しましょう。私が最終的に満足したデータがこちらです。
浮き輪が消えて、自分が期待した通りの画像になりました。

インストラクター