Photoshopで「遠近法切り抜きツール」で傾いた画像を補正して切り抜く方法

レッスン
素材

Photoshopで「遠近法切り抜きツール」で傾いた画像を補正して切り抜く方法

Photoshopで「遠近法切り抜きツール」で傾いた画像を補正して切り抜く方法を紹介しています。

Step 1
サンプル画像を開く

まずはサンプルファイルを開きます。

Step 2
遠近法切り抜きツールを選択

遠近法切り抜きツールを選択します。
ツールパネルに無いときはツール編集画面で追加してください。

Step 3
グリッドで調整

グリッドが表示されるので、画像内の建物の傾きに合わせて遠近を調整します。

Step 4
オプションバーの「○」をクリック

オプションバーの「○」ボタンを押して、確定してください。

Step 5
反映結果

設定が反映されました。

遠近法切り抜きの注意点

遠近法切り抜きツールには「コンテンツに応じる」機能がありません。

よって、遠近法のグリッド範囲がまず切り抜かれ、その切り抜かれた部分の傾きを切り抜かれる前の画像のデータを参考に調整します。

そのため、本サンプルの様に、大概の画像はサイズが小さくなり、写っている部分も元の画像より拡大している様に見えるでしょう。

インストラクター
コメント

コメントを残す