https://idea-hack.com/courses/suppress-the-basic-features-that-are-useful-for-modifying-images-in-photoshop/lessons/an-easy-way-to-remove-backlit-shadows-from-images-in-photoshop/
https://idea-hack.com/courses/suppress-the-basic-features-that-are-useful-for-modifying-images-in-photoshop/lessons/an-easy-way-to-remove-backlit-shadows-from-images-in-photoshop/

Photoshopで画像にフィルターを使ってぼかしを入れる方法

Photoshopで画像にぼかしを入れる方法

画像のぼかしの種類

Photoshopで画像にぼかしを入れることを考えた時、実はぼかしを入れる方法って複数あるし、ぼかしの種類も複数あるということがわかります。

KAZU
KAZU

では一般的なぼかしってなんだろう?

一般的には「ぼかし = ぼかし(ガウス)」と考えて問題ありません。ほとんどの人はこちらしか使っていない様に思います。

しかし、その他のぼかしタイプを適当したい場合に備えて、事前にぼかしの種類について知っておきたい方は下記の記事を先に参照ください。

画像のぼかし方

画像をぼかす方法は大きく分けて2つあります。

  • 画像をブラシツールを使ってぼかす方法(マニュアルぼかし)
  • 画像をフィルターを使ってぼかす方法(テンプレートぼかし)

ブラシツール

ブラシツールは1px単位でぼかしを入れていくツールのため、大きな画像の小さい部分に対するぼかしは弱くなる傾向がありますが、ぼかす部分や程度を細かく調整できる点では便利です。

マニュアルでぼかしを細かく制御したい場合に使いましょう。

ブラシツールを使ったぼかしの方法は下記を参照ください。

画像をフィルターを使ってぼかす方法

フィルターで行うぼかしは、細かく調整はできるものの、テンプレート当てはめる様なタイプのぼかしです。

よって、ブラシツールの方が細かい調整には向いていますが、ほとんどのケースでは[選択範囲ツール]と組みわせることで、こちらのフィルターを対応出来ます。

よって、個人的にはフィルターを使ってぼかしをする方法を覚えておけば良いと思います。

Photoshopで画像にフィルターを使ってぼかしを入れる方法

Photoshopで画像にフィルターを使ってぼかしを入れる方法を紹介しています。

Step 1
サンプルファイルを開く

サンプルファイルを開きます。今回は花の画像に対してガウスぼかしを入れていきます。

Step 2
レイヤーをスマートオブジェクトに変換

フィルターを非破壊編集の状態を維持した状態で適用したいので、スマートオブジェクトにレイヤーを変換します。

Step 3
選択範囲の準備

選択範囲を準備します。今回は[被写体選択]と[クイック選択ツール]で簡単に選択が出来ました。

Step 4
選択範囲の確認

最終的に完成した選択範囲を確認しておきましょう。

Step 5
フィルターの選択

[フィルター] → [ぼかし] → [ぼかし(ガウス)]を適用します。
*もちろん他の種類のぼかしを適用しても問題ありません。そこはお好みで・・・

Step 6
ぼかし(ガウス)を10px

今回はぼかし(ガウス)を選択しました半径を「10 px」にします。

Step 7
反映結果

結果が反映されました。この様に画像の一部を簡単にぼかすことが出来ます。
もし、画像全体をぼかしたい時は選択範囲の作成を行わずに作業を進めてください。

インストラクター