https://idea-hack.com/courses/suppress-photoshop-color-settings-and-fill-related-features/lessons/explanation-of-color-picker-in-photoshop/
https://idea-hack.com/courses/suppress-photoshop-color-settings-and-fill-related-features/lessons/explanation-of-color-picker-in-photoshop/

Photoshopのカラーピッカーの解説

Photoshopのカラーピッカーの使い方

カラーピッカーは「ツールパネル」内にあり、現在の[描画色]と[背景色]が表示されています。

どちらかのカラーボックスをクリックすると、[カラーピッカー]ダイアログボックスが表示され、色を設定できます。

どちらかのカラーボックスをクリックすると、[カラーピッカー]ダイアログボックスが表示され、色を設定できます。

カラーダイアログボックス: RGB CMYK カラーコードなど、様々な方法で色を指定することが可能

[カラースペクトル]をクリックするか、[カラースライダー]を動かして表示領域を変え、[カラーフィールド]でクリックして、カラーを選択します。

カラー値を直接入力することもできます。

用語解説

Webセーフカラーのみに制限

Webセーフカラーは「OSやPCに依存せずにwebで表現できる216色」のことです。

スウォッチ

スウォッチは「色のプリセット集」です。自分で色のプリセットを用意することも、Photoshopに組み込まれているプリセットを使うこともできます。

カラーピッカーを通じて、スウォッチに色を追加することができます。

色はカラーパネルでも調整できる

カラーピッカーで色を調整する以外に、カラーパネルを使って色を調整する方法もあります。

[ウィンドウ]→[カラー]を選択して、カラーパネルを表示すると、カラー設定パネルを開くことができます。

インストラクター
コメント

コメントを残す