https://idea-hack.com/courses/lets-understand-the-methods-and-properties-related-to-browser-operations-that-are-often-used-in-javascript/lessons/scrollto-method-to-scroll-to-the-position-specified-by-javascript/
https://idea-hack.com/courses/lets-understand-the-methods-and-properties-related-to-browser-operations-that-are-often-used-in-javascript/lessons/scrollto-method-to-scroll-to-the-position-specified-by-javascript/

JavaScriptで指定した位置までスクロールさせるscrollTo()メソッドの使い方

前後のページへの遷移をさせたい

JavaScriptで、ブラウザの表示位置を指定した位置までスクロールさせるにはscrollTo()メソッドが便利です。

メソッド

プロパティ意味
scrollTo(X,Y)指定した位置までページをスクロールさせる
scrollTo()メソッド

サンプルコード

サンプルコードとして、入力した位置までスクロールさせるサンプルコードを紹介します。

Output
X座標
Y座標
Pug
div X座標
	input(type="number").w-100#targetText.mb-2
	div Y座標
	input(type="number").w-100#targetText1.mb-2
	button#button.mb-4.text-center スクロール
	#targetText
SCSS
#button {
	--background-color: #fff;
	--color: #576574;
	--transition: all 0.3s;
	margin-bottom: 10px;
	background-color: var(--background-color);
	padding: 10px;
	color: var(--color);
	border: 1px solid #576574;
	cursor: pointer;
	width: 120px;
	transition: var(--transition);
	&:hover {
		transition: var(--transition);
		color: var(--background-color);
		background-color: var(--color);
	}
}
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );
const targetText1 = document.getElementById( 'targetText1' );
document.getElementById('button').addEventListener('click', onClickAction);


/** ボタンをクリックと関数を実行 */
function onClickAction() {
	const userScrollX = targetText.value;
	const userScrollY = targetText1.value;
	window.scrollTo(userScrollX,userScrollY);
}

ちなみに、サンプルコードの様にfocus();を付与すると、別窓で開いた時にウィンドウが必ずアクティブになり、画面に表示される様になります。

インストラクター
コメント

コメントを残す