JavaScriptでユーザーの使用言語に合わせた形式の時刻表示を取得するtoLocaleString()・toLocaleDateString()・toLocaleTimeString()メソッドの使い方

表示形式を簡単に取得したい

JavaScriptでユーザーの使用言語に合わせた形式の時刻表示を取得するにはtoLocaleString()toLocaleDateString()toLocaleTimeString()メソッドを使います。

日付の表示形式が「年/月/日 時:分:秒」と決まっています。そのため、これ以外の表示形式で時刻を表示する場合はgetDate()メソッドなどを利用する必要がありますが、表示形式は特に問わないケースではこれらの関数を使った方が楽です。

メソッド

メソッド意味返り値
toLocaleString()日付と時刻の文字列を取得文字列
toLocaleDateString()日付の文字列を取得文字列
toLocaleTimeString()時刻の文字列を取得文字列
仕様言語別のメソッド

サンプルコード

Output
toLocaleString();
toLocaleDateString();
toLocaleTimeString();
Pug
div
		table.table
			tbody
				tr
					th toLocaleString();
					td#targetText
				tr
					th toLocaleDateString();
					td#targetText1
				tr
					th toLocaleTimeString();
					td#targetText2
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );
const targetText1 = document.getElementById( 'targetText1' );
const targetText2 = document.getElementById( 'targetText2' );
const DateInstance = new Date();

targetText.textContent = DateInstance.toLocaleString();
targetText1.textContent = DateInstance.toLocaleDateString();
targetText2.textContent = DateInstance.toLocaleTimeString();
インストラクター
コメント

コメントを残す