https://idea-hack.com/courses/lets-understand-how-to-handle-dates-and-times-in-javascript/lessons/how-to-use-getday-method-to-get-day-of-week-with-javascript/
https://idea-hack.com/courses/lets-understand-how-to-handle-dates-and-times-in-javascript/lessons/how-to-use-getday-method-to-get-day-of-week-with-javascript/

JavaScriptで「曜日」を取得するgetDay()メソッドの使い方

JavaScriptで日付を取得する場合はgetDay()メソッドを利用します。

メソッド

メソッド意味返り値
getDay()曜日を取得 数値
getDay()メソッド

サンプルコード

サンプルコードでは、曜日を分けて値にしたがって曜日を出力しています。

サンプルコードをご覧いただければお分かりの様に、getDay()メソッドは曜日に対応する0から6までの値を返します。

そのため、実際に曜日を出力するには条件分岐や配列を利用する必要があります。

Output
getDay();
Pug
div
		table.table
			tbody
				tr
					th getDay();
					td#targetText
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );

const DateInstance = new Date();

switch (DateInstance.getDay()) {
	case 0:
		targetText.textContent = `日曜日`;
		break;
	case 1:
		targetText.textContent = `月曜日`;
		break;
	case 2:
		targetText.textContent = `火曜日`;
		break;
	case 3:
		targetText.textContent = `水曜日`;
		break;
	case 4:
		targetText.textContent = `木曜日`;
		break;
	case 5:
		targetText.textContent = `金曜日`;
		break;
	case 6:
		targetText.textContent = `土曜日`;
		break;
}
インストラクター
コメント

コメントを残す