JavaScriptで経過時間を求めるDate.now()メソッドの使い方

JavaScriptでDate.now()メソッドを使った経過時間の計算

JavaScriptで経過時間を求めるにはDate.now()メソッドを2回使うことで実現できます。

もちろん、Dateオブジェクトのインスタンスを作成し、getTime()メソッドを使うことでも実現できますが、単純な経過時間を求めるのであればDate.now()メソッドの方がコード量が少なく、便利です。

構文

メソッド意味返り値
Date.now()現在の時間をタイムスタンプの基準時(1970年1月1日)からのミリ秒で取得数値
Date.now()メソッド

サンプルコード

Output
経過時間
Pug
div
		table.table
			tbody
				tr
					th 経過時間
					td#targetText
JavaScript
const targetText = document.getElementById("targetText");
const oldTime = Math.floor(Date.now() / 1000);

setInterval(() => {
  const currentTime = Math.floor(Date.now() / 1000);
  const diffTime = currentTime - oldTime;
  targetText.textContent = `${diffTime}秒経過しています。`;
}, 1000);

setIntervalを利用して、1秒ごとに「ページを開いた時の時刻」と「現在時刻」の引き算を行っています。

インストラクター
コメント

コメントを残す