JavaScriptで「日付」を取得するgetMonth()メソッドとgetDate()メソッドの使い方

JavaScriptで西暦を取得する場合はgetMonth()メソッドとgetDate()メソッドを利用します。

メソッド

メソッド意味返り値
getMonth()月を取得数値
getDate()日を取得数値
getMonth() getDate() メソッド

サンプルコード

Output
getMonth();
getDate();
Pug
div
		table.table
			tbody
				tr
					th getMonth();
					td#targetText
				tr
					th getDate();
					td#targetText1
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );
const targetText1 = document.getElementById( 'targetText1' );
const DateInstance = new Date();
targetText.textContent = DateInstance.getMonth() + 1;
targetText1.textContent = DateInstance.getDate();

ここで1つ注意すべき点があります。

targetText.textContent = DateInstance.getMonth() + 1;という書き方をしている理由はなんでしょうか?

実はgetMonth()は0を始まりとした数字を返すと言う特徴があり、例えば1月の時は0が返されます。同様に12月の時は11が返されます。

そのため、月を取得する時は「getMonth() + 1」として取得する必要があります。

インストラクター
コメント

コメントを残す