JavaScriptで一定時間後に処理を行うsetTimeout()メソッドの使い方

JavaScriptで一定時間後に処理を行いたい

JavaScriptでは、一定時間後に処理を行うためにはsetTimeout()メソッドを利用する必要があります。

JavaScriptはスクリプトを上から順番に実行していく言語ですが、敢えて時間をずらして実行したい場合に利用します。

setTimeout()メソッドは一度しか関数が呼ばれません。

第1引数に関数を指定し、第2引数にミリ秒で遅延時間を指定します。

メソッド

メソッド意味返り値
setTimeout(関数, ミリ秒)指定時間に関数を呼び出す数値
setTimeout()メソッドの仕様

サンプルコード

サンプルコードとして、ページを読み込んでから5秒後に現在時刻を表示するコードを紹介します。

Output
今日の日付と時刻を取得
Pug
div
		table.table
			tbody
				tr
					th 今日の日付と時刻を取得
					td#targetText
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );

setTimeout( () => {
	const DateInstance = new Date();
	targetText.textContent = DateInstance.toLocaleString();
}, 5000 );
インストラクター