JavaScriptでConsole.Xを使って情報・エラー・警告を出力する方法

JavaScriptでConsole.Xを使って情報・エラー・警告を出力する

JavaScriptでは、エラー情報の出力はWEBのコンソール上で行われます。コンソールの命令には4種類あります。主に動作の出力内容(ログ)を確認する目的で使うのがConsole.logになります。

その他のconsole.Xは主にブラウザが開発者に情報を伝える目的で使われます。

また、開発者がエラー出力を予めソースコードに仕込んでおき、特定の条件が発生した時にエラーコードを出力させる目的で利用されます。

これは、予め起きる可能性がある不具合を想定して、デバックの足掛かりとして利用するために行われます。

メソッド

メソッド意味返り値
console.log(値1, 値2, …)ログを表示なし
console.info(値1, 値2, …)情報を表示なし
console.warn(値1, 値2, …)警告を表示なし
console.error(値1, 値2, …)エラーを表示なし
Consoleの仕様

サンプルコード

上述した通り、console.log()以外は主にブラウザから開発者に対するメッセージを発する目的で使われます。

このページではconsole.Xを使って出力情報の種類と出力方法を覚えるのが目的なので、単純に開発者コンソールに各種情報を出力するコードを紹介します。

JavaScript
console.log('ログです');
console.info('情報です');
console.warn('警告です');
console.error('エラーです');

これらのコードを開発者ツールで実行すると、下記の様な出力になります。

Consoleの出力例
インストラクター