https://idea-hack.com/courses/learn-how-to-use-brushes-in-photoshop/lessons/how-to-make-colors-like-paint-using-mixed-brush-tool-in-photoshop/
https://idea-hack.com/courses/learn-how-to-use-brushes-in-photoshop/lessons/how-to-make-colors-like-paint-using-mixed-brush-tool-in-photoshop/

Photoshopで「混合ブラシツール」を使って絵具の要領で色を作る方法

Photoshopで「混合ブラシツール」を使って絵具の要領で色を作る

Photoshopで「混合ブラシツール」を使って絵具の要領で色を作る方法を紹介しています。

Step 1
色を2色用意する

Photoshopを開き、新規ドキュメントを作成して、2色の色を用意しましょう。
色はなんでも良いです。

Step 2
混合ブラシツールを選択

混合ブラシツールを選択します。

Step 3
オプションバーの設定

混合ブラシツールを選択した状態でオプションバーの設定を確認します。

Step 4-1
[各ストローク後にブラシカラーを補充]をオフで塗る

[各ストローク後にブラシカラーを補充]をオフに設定して、プリセットに[ミディアムウェット]を選択します。
適当なブラシサイズで2つの色を混ぜるようにドラッグします。[各ストローク後にブラシカラーを補充]がオフなので、2色の色が混ざり合います。(もちろん、3色以上の色を混ぜることも可能です。)

Step 4-2
[各ストローク後にブラシカラーを補充]を「ON」で塗る

[各ストローク後にブラシカラーを補充]をオンに設定して、プリセットに[ミディアムウェット]を選択します。
適当なブラシサイズで2つの色を混ぜるようにドラッグします。[各ストローク後にブラシカラーを補充]がオンなので、2色の色に加え、カラーパネルで選択されている色も加わります。(もちろん、4色以上の色を混ぜることも可能です。)

オプションバーの解説

オプションバーの用語解説

にじみ

色を混合する度合いを設定。数値が大きいほど混合する。

補充量

ブラシの色の補充量を設定。数値が小さいとストロークが短くなる。

ただし、[各ストローク後にブラシカラーを補充]を「ON」の時のみ影響を与える。

ミックス

描画色と元の色の混合比率を設定。数値が小さいほど描画色の比率が高い。ただし、[各ストローク後にブラシカラーを補充]を「ON」の時のみ影響を与える。

インストラクター