JavaScriptで文字列の位置を検索するIndexOfの使い方

「文字列からある文字列を検索したい」時には「IndexOf」メソッドを利用します。

indexOf()メソッド

indexOf()メソッドは、「対象の文字列」の中の「検索したい文字列」が見つかるインデックスの(位置)を取得します。

インデックスは0から始まります。

例えば、1文字目のインデックスは0, 5文字目のインデックスは4です。

文字列が含まれていない倍は、-1が返ります。

検索文字列の大文字・小文字が区別されます。

構文

メソッド意味返り値
対象の文字列.indexOf(‘検索したい文字列,[検索開始インデックス(省略可)])文字列が最初に現れるインデックス)(位置)数値
対象の文字列.lastIndexOf(‘検索したい文字列,[検索開始インデックス (省略可) ]) 文字列が最後に現れるインデックス(位置)数値
対象の文字列,search(正規表現)正規表現にマッチする文字列のインデックス(位置)数値
indexOf()メソッド

サンプルコード

サンプルページとして、特定の文字列(const targetString = 'JavaScriptを勉強する';)に色々な条件でメソッドを適用してみました。

Output
indexOf(‘JavaScript’)
indexOf(‘勉強’)
indexOf(‘JavaScript’, 5)
indexOf(‘HTML’)
indexOf(‘a’)
lastIndexOf(‘a’)
lastIndexOf(‘j’)
Pug
.container.my-5
	table.table
		tr
			th indexOf('JavaScript')
			td.result1
		tr
			th indexOf('勉強')
			td.result2
		tr
			th indexOf('JavaScript', 5)
			td.result3
		tr
			th indexOf('HTML')
			td.result4
		tr
			th indexOf('a')
			td.result5
		tr
			th lastIndexOf('a')
			td.result6
		tr
			th lastIndexOf('j')
			td.result7
JavaScript
const targetString = 'JavaScriptを勉強する';
document.querySelector('.result1').textContent = targetString.indexOf('JavaScript');
document.querySelector('.result2').textContent = targetString.indexOf('勉強');
document.querySelector('.result3').textContent = targetString.indexOf('JavaScript', 5);
document.querySelector('.result4').textContent = targetString.indexOf('HTML');
document.querySelector('.result5').textContent = targetString.indexOf('a');
document.querySelector('.result6').textContent = targetString.lastIndexOf('a');
document.querySelector('.result7').textContent = targetString.lastIndexOf('j');
インストラクター
コメント

コメントを残す