https://idea-hack.com/courses/arrange-and-remember-how-to-handle-arrays-in-javascript/lessons/each-property-of-the-object-is-made-into-an-array-with-javascript/
https://idea-hack.com/courses/arrange-and-remember-how-to-handle-arrays-in-javascript/lessons/each-property-of-the-object-is-made-into-an-array-with-javascript/

JavaScriptでオブジェクトの各プロパティを配列としてまとめて取得するObjet.entries()メソッドの使い方

JavaScriptではオブジェクトを定義して、あらゆるデータを一括で管理、まとめておくことが可能です。

JavaScriptで、オブジェクトの各プロパティを配列としてまとめて取得したい時はObject.entries()メソッドを利用します。

APIのデータを取得した時、大体はオブジェクトとして返されますが、これらを配列に変換してから作業することが良くあるので、このメソッドを抑えておくと良いでしょう。

構文

メソッド意味返り値
Object.entries(オブジェクト)オブジェクトのかくプロパティーをまとめて、配列として取得配列
Object.entries()メソッド

サンプルコード

Output
Object.entries(sampleObjects);
Pug
.container.my-5
	div
		table.table
			tbody
				tr
					th Object.entries(sampleObjects);
					td#targetText
				
JavaScript
const targetText = document.getElementById( 'targetText' );

const sampleObjects = {
  post_id: 1,
  author_id: 10,
  title: 'Hello World',
  published_date: '20191223',
  subObject: { password: 123456, author_name: '佐藤'},
  sampleArray: ['りんご', 'レモン', 'みかん'],
}

targetText.textContent = Object.entries(sampleObjects);
インストラクター
コメント

コメントを残す