https://idea-hack.com/course-video/68608/

Photoshopの「選択範囲」ツールを使ってみる

DESCRIPTION / UPDATE

選択範囲ツール(長方形選択ツール)の使い方

選択範囲の作成とポイント

サンプルファイルを開きます
ツールパネルから、長方形選択ツールを選択します。
画像の上でをドラッグして大きさを指定しましょう。この時「Shift」を押しながらドラッグすると縦横比が固定され、正方形の選択範囲となります。
「Alt」を押しながらドラッグすると、選択範囲が中央から作成されます。
オプションバーのスタイルで幅と高さを指定した上で、画像の上をクリックすると、そのサイズの選択範囲が生成されます。
選択されました。「Ctrl + D」で選択を解除することが可能です。

選択範囲の削除

選択範囲を一つ作成した後に「Alt」を押しながら再びドラッグすると、もう一つの選択範囲を作成し、合体部分の選択を解除することができます。

選択範囲ツール(楕円形選択ツール)の使い方

選択範囲の作成とポイント

サンプルファイルを開きます
ツールパネルから、円グラフ選択ツールを選択します。
選択範囲が作成されました。細かい使い方は長方形選択ツールと同じです。

選択範囲ツール(投げ縄ツール)の使い方

サンプルファイルを開きます
投げ縄ツールを使います。一筆書きで選択範囲を作成します。この時、「Alt」を押している間は多角形選択ツールになって直線で選択できます。
このサンプル画像は曲線が多いですが、被写体がシンプルなのでこのツールが向いています。

選択範囲ツール(多角形ツール)の使い方

サンプルファイルを開きます
多角形選択ツールを選択します。一筆書きで選択範囲を作成します。この時、「Alt」を押している間は投げ縄ツールになって曲線で選択できます。
多角形選択ツールを選択します。一筆書きで選択範囲を作成します。この時、「Alt」を押している間は投げ縄ツールになって曲線で選択できます。
多角形線ツールでもきれいに選択できました。

資料

Photoshopの「選択範囲」ツールを使ってみる Photoshopに用意されている様々な「選択範囲」ツールについて解説しています。