https://idea-hack.com/course-video/68534/

Photoshopのクイックマスクの使い方について理解しよう

DESCRIPTION / UPDATE

クイックマスクとは

クイックマスクは「グレースケール」で表示領域と非表示領域を分けたレイターのことです。白になるほどレイヤーが非表示になっていきます。別の言い方をすると、白になるほどレイヤーが透明になっていきます。真っ白では完全に非表示(透明)、真っ黒であれば完全に表示(不透明)ということになります。

クイックマスクのイメージ

クイックマスクの使い方

今回はクイックマスクモードを利用して、半円の選択肢を変更したいと思います。

まず画像を選択します。
画像の選択部分を削除しました。
この状態でツールパネルから「クイックマスクモードで編集」をクリックします。ツールアイコンが見当たらない場合は「・・・」からツール一覧を開いて見つけてください。
クイックマスク選択モードになると、画像が赤くなります。
この状態でRGBチャンネルを開いて、新しく「クイックマスク」チャンネルが作成されていることを確認して、それ意外を非表示にします。
グレースケールの画像が表示されます。
ブラシツールで半円の上部を適用に真っ黒に塗ってみます。
この状態で「クイックマスクモード」を解除すると、選択範囲が変わっているのがわかるかと思います。

資料

Photoshopのクイックマスクの使い方について理解しよう 初学者が理解しづらいPhotoshopのクイックマスクについて解説しています。