https://idea-hack.com/course-video/65137/

Photoshopの色の表し方とそれに関連する「チャンネル」と「ヒストグラム」について理解しよう

DESCRIPTION / UPDATE

カラー値とは

チャンネルの理解にはRGBの理解が必要です。画像にはカラー値があり、RGBモードとCMYKモードの2つがあります。

今回はRGBをベースに解説します。

RGBモードは、画像内の各ピクセルの色情報をR(レッド) G(グリーン) B(ブルー)の重なりで表現する方法で、各色は0-255までの256階調まであります。

チャンネルとチャンネルパネル

チャンネルパネルを使うと画像のRGB各配色をコントロールできます。チャンネルパネルで「RGB」チャンネルが表示されている状態だと、画像はカラーで表示されます。

このうち、どれか1色だけ表示の状態すると、グレースケールになります。これは、RGBそれぞれのチャンネルのうち、一色だけではカラーを表現できないからです。

サンプルファイルを開きます。この状態はRGB全てのチャンネルが有効の状態です。
「ウィンドウ」→ 「チャンネル」をクリックして、「チャンネルパネル」を表示します。
チャンネルパネルが表示されました。試しに、レッドだけを表示にして、他は非表示にします。すると、レッドのチャンネルの値だけで色が生成され、グレースケールになります。

ヒストグラム

ヒストグラムは画像内のピクセルが、明るさのレベル別にどのくらいの数で分布しているかを表にしたもので、平たく言うとピクセルの明暗の分布図です。左側が暗いピクセル、右側が明るいピクセルとなります。RGBモードの場合、一番左のカラー値は「0」で、一番右のカラー値は「255」です。

サンプルファイルを開きます。
「ウィンドウ」→ 「ヒストグラム」でヒストグラムを表示します。
ヒストグラムの表が表示されました。画像全体だけでなく、チャンネルごとの表示も確認することが出来ます。この画像は全体的に明るいので右に偏っています。

資料

Photoshopの色の表し方とそれに関連する「チャンネル」と「ヒストグラム」について理解しよう Photoshopで色調補正するなら知っておきたい色の表し方とそれに関連する「チャンネル」と「ヒストグラム」について解説しています。