対応していないプラグインはありますか?

BrandiaはWordPressのマルチサイトを利用して、複数のAPPやブログサイトを1つのWordPressインストールで完結することを目的にしています。これを行うことで、本来独立しているはずのデータを複数のサイトでやり取りすることが可能になり、サーバー費用の節約・メンテナンス工数の削減につながります。

またサブディレクトリ型のマルチサイトを運営した場合はSEO効果は1つのドメインに集約されるため、検索結果に対して相乗効果が働きます。

また、BrandiaはWPMLをサポートすることで、多言語サイトの運用も可能にしています。これにより、1つのWordPressインストールで複数のサイトを多言語で展開することが可能です。

しかし、これを実現する関係で下記のプラグインはサポートから外さなければなりませんでした。

今日までにBrandiaが対応できないことが判明しているプラグインは下記の通りです。

BuddyPress

BuddyPressはWordPressサイト内にSNSコミュニティを作成することができるプラグインです。

WordPressをシングルインストールで利用する場合は、BrandiaでもBuddyPressの利用は可能です。

しかし、WordPressマルチサイトで運用する場合、BuddyPressは「ネットワーク内のいずれか1つのサイトでのみ利用可」という制約が存在します。

これは、Brandiaが目指す「1つのWordPressインストールで複数のサイトを多言語かつ、シングルインストールの場合と同様な環境で展開」というコンセプトには当てはまりません。

よって、BuddyPressはサポート外としています。シングルインストールで利用される場合でも、BrandiaはBuddpressに対してデザイン調整を一切していないので、綺麗なサイトを運営することは不可能です。

この記事はお役に立ちましたでしょうか? はい いいえ