その他

[その他]では大きなセクションにまとめる規模ではない細かいカスタマイズに関する項目をまとめています。とはいえ軽視して良いものではありません。

次の項目が用意されています。

  • RTL モード : アラビア語など右から左に読み進める言語向けの設定項目
  • フェードイン : ページ読み込み時にフェードインをつけることでサイトの動きを少しリッチに(ただし、その分余計なファイルの読み込みが発生するのでファイル最適化を目指すならオフにしましょう)
  • YouTube : 後述
  • Vimeo : 後述

いくつか詳細な説明が必要な項目がありますので説明していきます。

Youtube (API)

Brandiaは記事サムネイルの部分に任意のYoutube動画を埋め込む機能をサポートしています。Youtube APIを使うことでこの動画に対してGoogle構造化マークアップ データを付与することが可能となり、SEO効果の向上を見込めます。

ただし、下記注意点をご一読ください。

注意

Youtube APIには、1日に可能なリクエスト回数に制限があります。そのため、記事の読み込みごとにYoutube APIを実行した場合、リクエスト制限を簡単に超過してしまいます。

そのため、Brandiaは「記事詳細ページの「更新・公開」ボタンを押した時にYoutube APIを実行して、結果をカスタムフィールドに保存する」ことでこのリクエスト制限を回避しています。

これにより、Youtube動画のサムネイル等を更新してもWordPressの該当データが更新されるわけではなく、Google構造化データを更新するには、埋め込み記事の「更新」ボタンを押してデータを再度フェッチする必要があります。

Vimeo

Brandiaは記事サムネイルの部分に任意のVimeo動画を埋め込む機能をサポートしています。Vimeo APIを使うことでこの動画に対してGoogle構造化マークアップ データを付与することが可能となり、SEO効果の向上を見込めます。

Vimeo APIにはYoutube APIに設定されている「リクエスト制限は存在しない」ので、Vimeo上でデータの更新を行った場合、WordPresの記事に記載されるデータも瞬時に更新されます。

この記事はお役に立ちましたでしょうか? はい いいえ