https://idea-hack.com/brandia/docs/33538

Google タグマネージャー

Googleタグマネージャーは本来個別に記載する必要があるスクリプトダグを一元管理する目的で利用されるツールです。

このツールをお使いになる場合は、headタグ内とbodyタグの直後にコードを挿入するように指示されます。

Google タグマネージャーから指示されるコード
Google タグマネージャーから指示されるコード

Brandiaでは、この要件にスムーズに対応できるように予め入力項目を用意しています。

上のコードをコピーして[headタグ内のコード]の欄にペーストしてください。

下のコードをコピーして[bodyタグ内のコード]の欄にペーストしてください。

KAZUのロゴ
KAZU

こちらに記載されたコードはエスケープ処理をせずにそのまま出力されます。外部の人間にアクセスを与える場合や非エンジニアの方に運用してもらう場合はご注意ください。

注意

この機能を実現するために一部でWordPress 5.2で導入された関数を利用しています。そのため、WordPress 5.2以降をご利用いただくようお願い申し上げます。