https://idea-hack.com/blog/109085/
WordPressサイトの引越しをプラグインを使って適切に行う方法

WordPressサイトの引越しをプラグインを使って適切に行う方法

WordPressサイトの引越し方法

WordPressは長年使い続けると重くなってきたり、そうでなくても新たな機能を追加した途端、サーバーリソースが足りなくなって困ることがあります。

私のサイトはWordPressをVPSで構築していますが、Elementorを導入した時にサイトのCPU処理が低速になったため、VPSのプランをあげた経験があります。

私のようにVPSやクラウドでWordPressを運営している人はプラン変更だけで済みます。

しかし、日本国内の多くのWordPressユーザーはレンタルサーバーを利用しています。

私が知る限りクラウドやVPSへの引越しをサポートしてくれるレンタルサーバー会社はありません。

こういう場合、WordPressの引越しを独力で行うことになります。WordPressの引越しは不具合を起こしやすいので、開発者レベルでない限りはプラグインを使って行うのが最も安心です。

今回はWordPressの引越しをプラグイン「Duplicator」で行う方法を紹介します。

WordPressサイトの引越しをDuplicatorで行う

KAZUKI

カスタム投稿タイプを導入していたり、WordPressのファイル構造をカスタマイズしていたりする場合うまく行かないケースがあります。その場合は開発者に見積もりを取ることを推奨します。本サイトでもお問い合わせいただければ対応します。

Step 1
バックアップを取得する
バックアップを取得する
バックアップを取得する

最初に行うべきことは、バックアップを取得することです。いつでも移設前のデータに復元できるようにしましょう。

Step 2
Duplicatorのダウンロード
Duplicatorをダウンロード
Duplicatorをダウンロード

Duplicatorのダウンロードを行います。WordPressの[プラグイン] → [新規追加]よりダウンロードを行ってください。

Step 3
パッケージの作成
サイトの完全な移行が目的の場合[Name:]以外を変更する必要はありません。

Duplicatorを有効にすると、コンテンツと設定のパッケージファイルとinstaller.phpをダウンロードできます。

これらのファイルには、WordPressサイトの引越しに利用する時にサーバー間で転送するために必要なすべてのものが含まれています。

[Duplicator] [Create New]をクリックしてプロセスを開始します。

画像の様に[Name:]の部分に任意の名前(英数字を推奨)を入力します。

今回はサイト全体のバックアップを取得するだけなので、オプション値を変更する必要はありません。[Next]をクリックしてください。

クイックスキャンが開始されます。

項目

[Archive]

[Archive]では、特定のファイルを引越しから除外する設定が可能です。

[installer]

[Installer]では、installer.phpにパスワードを設定するなどのオプション可能ですが、通常は必要ないでしょう。

Step 5
クイックスキャン
[Size Checks]だけNoticeが出るかもしれません。画像も含めたファイル容量が150MBを超えると表示されるので、これは正常です。

[Next]をクリックするとクイックスキャンが開始されます。このフェーズで、DuplicatorはWordPressの引越しが適切に完了するかどうかを事前に確認します。

全て[Good]が出る様にして・・・・と言いたいところですが、ほとんどのケースで[Size Checks]でNoticeが発生します。これは画像データも含めて150MBを超えるサイズの場合に表示されるので、ほとんどの場合該当します。

ファイルサイズが多い場合WordPressの引越しに時間がかかるため、ファイルこの部分だけFTPツールなどを用いで手動で移設することも推奨されています。

その他の項目は概ね[Good]を出すのは簡単です。

完了したら[Build]をクリックしてパッケージの作成を開始します。

Step 6
パッケージ作成
パッケージが完成するまで待ちます。
パッケージが完成するまで待ちます。

パッケージファイルの作成が開始されます。パッケージが完成するまでコーヒーでも飲みながら待ちましょう。

Step 7
パッケージをダウンロード
One-Click Downloadをクリックしてダウンロードを開始
One-Click Downloadをクリックしてダウンロードを開始

すべてのファイルを含む[Archive][Installer]の両方をダウンロードする必要があります。または[One-Click Download]をクリックしてダウンロードすることも可能です。

Step 8
SFTPツールを用意
Cyberduckをダウンロード
Cyberduckをダウンロード

これで、WordPressの引越しに必要な全ての物が揃いましたので、新しい環境への移行を進めていきます。

今回はSFTPツールとしてCyberduckを使っていきます。

Step 9
ファイルのアップロード
WordPressのインストールディレクトリ
WordPressのインストールディレクトリ

SFTPの接続が完了したら、WordPressがインストールされているディレクトリ(wp-contentフォルダーがあるディレクトリ)に移動しましょう。

予めZIPを解凍した状態のパッケージとinstaller.phpをアップロードします。

Step 10
installer.phpにアクセス
WordPressのインストールディレクトリ
WordPressのインストールディレクトリ

アップロード作業が完了したら、installer.phpにブラウザからアクセスしてください。このファイルは通常ドメインinstaller.phpでアクセスが可能です。

Step 11
事前チェック結果を確認
事前チェックの結果を確認する
事前チェックの結果を確認する

Installer.phpにアクセスを行うと移行完了までのプロセつが4つに分けて開始されます。最初のステップでは主に移設前の事前テストが行われます。

全てが「Pass」になっている必要はありません。「Pass」になっていない部分を確認し、許容できる問題であればそのまま進めて問題ないでしょう。

しかし、OverWrite Install の項目だけは注意しなければなりません。

既存サイトへの移設の場合は注意

既存サイトへの移設の場合、下記の様に「OverWerite Install」がWarnになっているはずです。

既存サイトの時はWarnが出てしまう。
既存サイトの時はWarnが出てしまう

Duplicatorは移設先に「まだWordPressがインストールされていない状態」を想定しているので、レンタルサーバーなどのツールを使って、初期状態のWordPressが入った状態でも「既存サイト扱い」と判定されます。

そのため、次のステップに進む前にwp-cofig.phpをサーバー削除しておく必要があります。

ただし、wp-config.php内の下記3つの情報はインストール時に必要なので、メモしておきましょう。

  • ホスト (define( 'DB_HOST', '【ホスト】' );)
  • データベース名 (define( 'DB_NAME', '【データベース名】' );)
  • ユーザー名 (define( 'DB_USER', '【ユーザー名】' );)
  • パスワード(define( 'DB_PASSWORD', 【パスワード】' );)
Step 12
データベース情報を入力
データベース情報を入力
データベース情報を入力

ステップ2ではデータベース情報の入力を行います。WordPressを運用するためのデータベースの情報を記載してください。

日本の場合、レンタルサーバー事業が盛んなため、WordPressのデータベースの接続情報が記載済みのwp-config.phpがサーバーに存在している可能性が高いです。

その場合はwp-config.phpをPC上にダウンロードして、エディターで情報を確認すると良いでしょう。

Step 13
サイトの情報を記載
サイトの情報を記載
サイトの情報を記載

終わりが近づいて来ました。

サイトの情報を記入します。[タイトル]を記入して[URL]を記入します。[Path]には利用しているサーバー上で「WordPressがインストールされているディレクトリまでのパス」を記入します。サーバーによって微妙な違いはありますが/var/web/site/public_htmlの様にpublic_htmlフォルダがルートディレクトリになっているケースがほとんどです。

Step 14
インストールが完了
インストールが完了
インストールが完了

インストールが完了しました。結果を確認しておくことをオススメします。

うまく行かない場合は、有償になりますが、お問い合わせフォームからご連絡いただければ作業を行うことも可能です。

WordPress